バルコニータイルは外に出ていますので汚れます。
特に道路沿いだったり、畑が近かったりする場合には風で土やゴミ、砂が飛んでくるので汚れやすいのです。

高層マンションの上層階でも砂によってうっすら汚れがついたという事例も多数あります。
バルコニータイルが汚れた場合には水拭き、もしくは、中性洗剤によって洗うのが得策です。
バルコニータイルは質感や色合いに力を入れている場合が多いので、酸系やアルカリ系の洗剤はご法度です。

また、梅雨時期にはカビが映えてしまうことがありますが、この場合もカビ取り剤を利用するのはオススメできません。



もし、どうしてもという場合いは使った後、色合いがおかしくなっている場合には他所と取り替えるなどの処置が必要になります。

また、タイルの隙間にはゴミがたまりやすいのですが、こちらについては掃除機で吸い取る以外に、定期的にタイルを外して底面も掃除することが大事です。

特に落ち葉や虫が多い地域の場合は定期的に掃除をしないと悪臭の原因となりますし、梅雨時期や台風の時期には排水不良によって室内に浸水する恐れも出てきます。
バルコニータイルは掃除をせずにそのままという場合が多いですが、色合いが経年劣化以上に進むことが多いので掃除は定期的に行うことが大事です。



また、割れてしまった場合はそのままにせず、新しいタイルと交換することをオススメします。



プラスティック製の場合、割れた箇所は鋭利であり、足を切る原因になりやすいです。